木の特徴

フローリングの特徴

 

天然の無垢材には、一つ一つ違った特徴があり、風合いがあります。
それぞれの表情や、経年変化で増す“味わい”を愉しんでください。

 

節(ふし)

節

木の枝が幹に巻き込まれた部分です。
生きている枝が巻き込まれた節を
「生節(いきぶし)」、枯れた枝が巻き込まれた節を「死節(しにぶし)」、鉛筆の芯程度の節を
「葉節(はぶし)」と呼びます。

赤身・白太(しらた)

赤身・白太

木の中心部分の色が濃い部分を「赤身」(心材)、
樹皮に近接する周辺部の白い部分を「白太」(辺材)と呼びます。
赤身と白太が混ざると「源平」と呼ばれ、杉などに多く見られます。

入り皮

入り皮

若木のときに樹皮が傷つき、めくれ上がるなどして木の内部に残ったものです。

虎斑(とらふ)

虎斑

オーク(ナラ)などブナ科の木に見られる虎の毛並のような美しい模様です。
光の加減によって銀色に見えることから、
「シルバーグレイン(銀杢)」とも呼ばれます。

パテ加工

パテ加工

節がない部分にパテ処理を施している場合があります。凹凸を補修し、サンドペーパーで平らにならしています。

色差(いろさ)

色差

紫外線などの光を吸収して木材の色が変化しているものも含まれます。
自然の中で育つ天然木の特徴の一つです。

 

経年変化  ・・・・・
木は年月とともに色合いが変化します。色が濃くなる樹種もあれば、薄くなる樹種もあります。
特にブラックチェリーは色合いが深みを増す樹種として有名です。

 

logo

Copyright © 2018 ie-mon. All rights reserved.